パドックひそひそ話…

F1の世界には、F1ドライバーの「奥様たちの会」があるとかナイとか。
映画 「グランプリ」 の中でもそのことに触れているシーンがあるから、
たぶん実在しているんだとは思うけど…直接見たわけじゃないから、実態はわかりませんっw
きっと、陰ひなたとなって「闘う男」たちを支えている奥様方が、
会場でお互いの影の努力を労い・愚痴って慰め合い、
そして色々と、摩訶不思議な感情を確認し合っているのではないかと…勝手に想像していますっw
ドライバーがスタートラインに着き、レースに挑むまでの間、
そりゃあそりゃあ大変でしょうね。
励まし・ケツを叩いて 「ほらっ!しっかり戦ってきなさいよ!!!」 と言われて、
「おぅよ!!!行ってくるぜっ!!!」 と、鼻から煙出して戦いに行くドライバーもいれば、
「お、お前に何がわかるんだよ…俺は頑張ってるんだ…くぅぅっ。」 と、神経質になるドライバーもいたり。
ドライバーに対する「励ましや応援の言葉」は時として、
「十人力」になることもあれば「重圧」でしかない時もある、でしょ?

レースもスピード行事も、「全日本選手権」という会場では、
自動販売機の前がね、そんな「奥様役」であるサポートたちの憩いの場だったりします(^^)

セッティングがどーにも合わなかったり…
タイムがいまいちで何か1つきっかけが掴めなかったり…
一番負けたくない「あいつ」が調子よかったり(笑)…
色んな理由でドライバーがカリカリ・イライラしていて、
「こりゃー、そっとしておくかっ!」と思う場面になると、
サポートさんはフラフラと散歩に出るわけですよ…もちろん、ドライバーさんのために。
奥様役のサポートさんだって、ほんとは大変なの。。。
気疲れ・気疲れ・気疲れ…まさに、この言葉っwww
言葉1つ・顔色1つ・挙動1つで、その時その瞬間のドライバーの心理状態や体調を察するわけで。
褒めて褒めて褒め殺す…という策が良いのか、
けちょんけちょんに言ってやる…という策が良いのか、
そばに寄り添っている方がいいのか、少し1人にしたほうがいいのか…
AKBの鼻歌でも歌って、踊ってあげるのがイイのか(笑
そりゃあもう、すべては、このレースが笑顔で終われるよーに、必死ですよ(^^;)
だから、フラフラと散歩に出かけたサポートさんは、サポートさん同士の気苦労を慰め合います(笑

んで。
さっきまでイライラ・カリカリしていたドライバーが、
かっちょええ走りをしてくれてサイコーな結果なぞ残してくれると、
面白いもんで、疲れなぞぜーーーーんぶふっ飛んでしまうわけですよっ♪

こーゆう風景は、何十年経ってもまったく変わらない(^^)
自販機の前はさ、けっこー面白い場所?だったりしますwww♪





関連記事
スポンサーサイト
FC2プロフィール
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR